» 遅漏改善∟①のブログ記事

オーガズム教室

YURIです^^

 

今日は

お悩みで多い

遅漏についてお伝えします

 

早漏と同じく

遅漏のお悩みは多いですね

 

相当悩んでいた時期がありました

 

ゴ☆ムをつけると

しゅるしゅると

しぼむ

 

 

 

どんなにがんばっても

回復しない

 

がびーん

 

ほんとにがびーんショッキング..

 

その上

挿入がうまくいっても

イキづらい・・・

 

 

 

なんでなんだーーー

 

と ずっとモヤモヤしていた時期がありました

 

そうやって いつももやもやしているので

 

ずっと 感じることがなく

お互い 相性があわないのかな・・・

 

と もがいていました

 

が・・・

 

改善の道があったのです

 

今でこそ

巷で言う「スローセッ☆クス」に出会って

射☆精や勃☆起は必要なく

 

 

男性にもこのメカニズムが

あてはまることが わかったので

こだわらなくなりましたが

 

そうとうはいえ

根強いお悩みの場合が多いので

 

今日は

そのメカニズムをお伝えします

 

まずは

勃☆起のメカニズムを知っておいてください

桃

勃☆起組織である海綿体に

血液が流入すると勃☆起します

 

イザっ!というときに

平滑筋という部分が緩んで

血液が海綿体に流れ込むんです

勃起のメカニズム

イザっ!!と言うときには

勃☆起中枢の刺激が

リラックスの神経の副交感神経によって伝えられ

海綿体に続く動脈をひらきます

 

【この血流が遅漏にとって

すごく大事な要素になってきます】

↑ ※覚えておいてくださいね

 

で この血流を改善する方法としては

「リラックス呼吸法」があります

 

 

 

遅漏にバイバイの方法のひとつ

リラックス呼吸法をお伝えしていきます

 

リラックス呼吸法は

武道の最上級の流派にもある

FBIでも取り入れられている方法です

 

リラックスは癒しの神経

副交感神経が働きます

 

イライラしているときは

交感神経が働きます

 

なぜリラックスして

呼吸する事が必要なの?

と いうことは

あまり語られていないと思いますが

 

脳科学的には

脳波がα波(12.5ヘルツ~7.5ヘルツ)と

呼ばれる周波数がリラックス時

優位に発生している時と言われています

 

簡単に言えば、物事に集中しやすく、

感覚が敏感な状態にあると言うことです

 

逆に

脳波はβ波(25ヘルツ)と

呼ばれる周波数が優位に発生しえいる時は

緊張、イライラ、気が散っている時です

 

勃☆起をするときは

このリラックスしている

副交感神経が働いているときに

勃☆起します

 

なので

リラックスすることが大事で

 

更に呼吸を整える事は

快感に直結し

深く広範囲に快感を与える事が出来ます

 

これは武道に通じます

 

ここまでは

リラックスについて

お伝えしましたが

 

では 具体的なリラックス呼吸法は?

というと・・・

 

長くなりましたの

また次回・・・

 

 

今日も記事を読んでくださって

ありがとうございます

 

YURIでした^^

 

 

男のオーガズム教室

YURI

#石田ゆり薫

 

LINEで送る

男のオーガズム教室

YURIです^^

 

では

前回の続き

今から 遅漏のあなたが

お○ん○ん

ギンギンになる

 

たった2つの方法の一つ

「遅漏改善リラックス呼吸法」を

 

ご説明していきますね^^

 

前回、リラックス呼吸法について

理論編をご説明したわけですが

↓↓↓

http://goo.gl/VyqnOM

 

今回は実践編☆

 

勃☆起をするときは

リラックスしている

副交感神経が働いているときに

 

勃☆起するので

 

リラックスすることが大事だとお伝えしました

 

そして

息を吐いている状態が

更に深いリラックス状態になります

 

この時

鼻呼吸をすることも重要です

口呼吸をしていると

鼻呼吸に比べて

呼吸が浅くなりがちになります

そして 交感神経が優位になり

身体を緊張させて

冷やしてしまうんです

これは

血流を滞らせる原因にもなりますので

血行の観点から見てもNGなんです

なので「鼻呼吸」を

日常に取り入れて下さい

イメージは

呼吸1分間に1回を目標に!

 

(吸う20秒吐く40秒目安)

とは言え・・・

呼吸1分間に1回!

 

しかも吐くのが40秒は

はじめからは難しいので

初めは1分間に5回くらいの呼吸の要領で

初めて見てください

(吸う4秒吐く8秒目安)

吸う息とともに

エネルギーを尾てい骨のしたから

(おしりのしっぽの部分です)

背骨の線に沿って頭頂まで吸い上げることを

 

意識するようイメージしてください

ゆっくり細く長く

吐く息とともに頭頂に来たきた

エネルギーを体の前面を通って陰部に収める

ここで重要なのが蜘蛛の糸を吐き出すように

ゆっくり細く長い息を

 

「限界!!」というところまで

 

吐き出します

目安は

頭の脳天がぽかぽか温かく感じるくらいまで

 

繰り返してみて下さい

 

え?そんな呼吸くらいで

勃☆起力が改善するのか!

と 思われるかもしれませんが

勃☆起には血流が重要になってきます

その血流を支えるのが

呼吸なのです

そして

イザッというときに

仙随の勃起中枢からの刺激が

副交感神経に伝えられ

 

勃☆起→射☆精という運びになります

この副交感神経と交感神経をコントロールできるのが

 

リラックス呼吸になります

なので

遅漏を改善できる一つの要素になります

リラックス呼吸法で

今までにない濡れ場を

体感してみてください^^

 

他にもあなたのお悩みや質問があれば

LINEでお友達になってください

 

お友達になっていただいたら

グループにご招待します☆

そこにメッセージいれておいてください

↓↓↓

LINE

LINEQR

 

 

 

あなたのお悩みは

皆のお悩みの場合が多いので

お悩み解決に導く記事を書いていきます!

 

もちろんお悩みに対するプライバシーは

お約束します^^

 

嗅覚1

 

今日も記事を読んでくださって

ありがとうございます^^

 

オーガズム教室YURI

#石田ゆり薫

LINEで送る

最近のコメント